Column

コラム


オンライン前提のマーケティング&セールス戦略 ーvol.4ー

新型コロナウイルスの影響を受けて、市場を取り巻く環境が大きく変わりました。
何が変わり、どんな影響があり、これから何が求められるのかを考えます。


■リードナーチャリングを実施するために必要なマーケティング戦略

リードナーチャリングの前段階として、見込み客が流入してくるWebサイトなども充実させていく必要があるでしょう。

従来の購入に至るまでのフローを見ると、住宅購入検討客は平均10社ほどのWebサイトを見て、そのうちの3社くらいとリアルに接点を持ち、最終的に一つの会社に絞り込んでいます。
つまり、Webサイトの閲覧から問い合わせに至るまでの過程で、10社中7社が弾かれます。

今後、外出自粛をきっかけに自宅での情報収集が定着していくと、住宅購入検討客が得られる情報量が一層増えます。より多くの会社のWebサイトを比較するようになるため、企業側ではWebサイトを見てもらうための競争が激しくなるのです。

そのような変化も見据えた上で、ブログ、SNS、動画コンテンツなどを含めたファン化のためのマーケティングに力を入れることが重要です。
DXの普及によってリモートでサービスを受ける環境は整備されつつありましたが、新型コロナウイルスの影響でそのスピードが加速度的に増しました。

新型コロナウイルスが収束したとしても、住宅購入フロー内のリモート活用は一般化され、着実に浸透していくだろうと思います。
その流れが完全に出来上がる前に、ファン化部分を強化し、リードナーチャリングの施策を構築していきましょう。

■リードナーチャリングを実施するために必要なマーケティング戦略

施策の精度も重要ですが、スピードと実行力はさらに大事です。
今回のコロナウイルスの影響を踏まえて、すでに各住宅会社、環境適応に向けてさまざまな取り組みを始めています。

総合展示場での集客が見込めない現在、現場見学会の開催方法も大きく5パターンに分かれ、各社取捨選択をしながら進めています(図7)。

 


上記取り組みのどれが正解かはあまり重要ではなく、環境の変化に対していかに即時に対応できるのか、精度以上に実行力がより大切です。


※本稿は、2020年4月に開催した「地域密着ビルダー成長戦略フォーラム」で登壇した当社コンサルタントの講演内容を編集したものです。

 

<PREVIOUS

本コラムを紙面でご覧頂きたい方は上記より資料をDLください

コラムをお読みいただいた方の限定特典として
”アフターコロナを見据えたデジタル&マーケティング戦略構築のポイント”
をご紹介させていただきます!
ご興味がある方は上記よりお申込みください


セミナーでは、コラムの内容をより詳しく説明しています
動画をご覧になりたい方は上記よりお申込みください
※限定公開のため、お申込み後にURLをお送りさせていただきます