Column

コラム


数字で語る住宅業界vol.2 「-4.4%」~2014年住宅リフォーム市場規模の前年対比推移~

国は、「新成長戦略」にて、

2020年までに中古住宅流通・リフォーム市場を倍増させ、

20兆円市場を目指すことを掲げている。

 

 

 

果たして、この倍増計画は達成できるのだろうか。

 

 

 

直近、2014年のリフォーム市場規模は、

6兆6511億円と、前年比4.4%減となっている。

(矢野経済研究所発表)

 

 

 

倍増どころが、減少しているが、

これはご存知の通り、消費増税の反動が大きく影響している。

 

 

 

もちろん、2013年まではリフォーム市場は拡大傾向にあった。

 

 

 

しかしながら、2012年から2013年にかけての

駆け込み需要を含んだ伸びが12.3%だったことを見ると、

倍増計画はたやすくないことが分かる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同研究所は、将来予測を2020年までに7.3兆円に拡大、

その後、世帯数減少の影響から縮小基調に向かうと予想している。

 

 

 

 

一方、野村総合研究所では、

2030年まで6兆円台での推移を予想しており、拡大せず横ばいの考えだ。

 

 

 

 

このような予測を見ると、

倍増計画がかなり厳しい目標に見えてくる。

 

 

 

 

対して、政策的支援としては、

リフォームローンを組みやすい環境整備や、

エコリフォームに対する補助金の付与、省エネポイントの復活・追加がある。

 

 

 

 

これらの施策をいかに民間リフォーム事業者が活用し、

どのように顧客創造の取り組みをするかで、市場の拡大は左右されるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

また最近では、他業種とコラボした動きが目立つ。

 

 

 

 

百貨店や駅ビルに展示会場を設け、アクセスをよくするだけでなく、

これまで接点のなかった潜在客にもアプローチを図っている。

 

 

 

 

 

さらに大きなニュースとして、大企業の業界参入に続き、

今年6月に「amazon.co.jp」にリフォームストアが開設したことが報じられた。

 

 

 

 

 

オンラインストアとしてEC市場の約18%のシェアを誇る、

アマゾン社の参入は、

一般消費者にとってリフォームがより手軽になり、顧客創造が期待できる一方、

既存の顧客接点しかもたない事業者には、逆風となる。

 

 

 

 

地域の住宅ビルダーや工務店がリフォーム事業を強化していくには、

これまで以上にオーナー様との関係性を深め、

「家のことなら何でも相談できる」

というポジションを獲得する活動が必要となるだろう。

 

 

 

 

 

【セミナーご案内】

全国の地域ビルダーの中には、

早くからリフォームやメンテナンスの収益化に注目し、

すでに盤石な仕組みでお客様との密な関係築いている会社があります。

 

 

 

そこから成功事例を学び、

アフターメンテナンス事業で新築事業に継ぐ第2の柱を育てるための

「新築を売った後3倍稼ぐ事業戦略セミナー」開催いたします。

日程:[東京] 10/27(火)

[大阪] 10/30(金)

[福岡] 11/2 (月)

 

時間:13:00~17:00(12:00開場)

対象:住宅会社の経営者・経営幹部様限定

費用:一般  10,000円/名(税込)

ファイブスター会員 無料

 

セミナー詳細・申込みはこちら↓

http://www.libcon.co.jp/handr/lp/sintiku/