Download

ダウンロード資料


「ひま」な時間を作らないためのモデルハウス活用術

「ひま」な時間を作らないためのモデルハウス活用術

無駄なモデルハウス待機、やめませんか?

「ひま」な時間を作らないモデルハウス活用術


『週末はイベントをして新規客を集めなければならないが、契約客の対応に 追われて営業が接客する時間がない・・・』
『週末にイベントを開催しても、人が集まらず、イベント待機人員のモチベーションが下がっている・・・』
『営業担当者は日中社内におらず、忙しそうなのに、契約数は上がらない・・・』

そんなお悩みを持つ経営者の方。
その原因は「モデルハウスの活用方法」にあります。

成功会社と失敗会社の営業担当者の休日と平日の営業の動き方は全く異なります。

■失敗会社
 休日・・・一日モデルハウス待機で見込み案件が進まない 
      or 一日見込み客と打ち合わせで、集客ロスが発生
 平日・・・ほぼ接客なし or 会社に営業担当者が不在

■成功会社 
 休日・・・新規接客2件と見込み客接客2件を事前にスケジューリング
 平日・・・16-18時:見込み客の接客 18-20時:新規客の接客

なぜこの違いが生まれるのでしょうか?
その理由は「モデルハウスへの集客構造」にあります。
ポイントは大きく3つあります。

1)一つのモデルハウスで違うターゲットを集めること 
   ~ビジネスホテルの成功要因を活用したイベント設計~
2)掛け捨てをしないこと
   ~チラシとは違うお客様のストック機能の構築~
3)完全予約制で集めること
   ~完全予約制×育客効果で営業生産性が上がるターゲット戦略~

普段のコンサルティング支援でしか伝えないノウハウにより自社の営業集団を効率的組織に一変させることができます。
「モデルハウス活用術」その詳細を知りたい方は、ぜひダウンロードください。