Download

ダウンロード資料


3人で100棟を実現する最新生産性向上ノウハウ

3人で100棟を実現する最新生産性向上ノウハウ

現場の生産性向上を実現した最新事例をご紹介

現場監督の人数をそのままに棟数を拡大できる最新ノウハウ

現場でこのようなお悩みはありませんか?

=======================
☑ 棟数を拡大していきたいが、現場監督がすでに毎日残業で、疲弊している
☑ 現場監督が退職してしまって、現場監督が足りない状況になっている
☑ 新しい人財を採用しても、きちんとした育成ができておらず、一人前になるまでに時間がかかる
=======================

弊社のクライアントで、この課題を解決した企業様がいらっしゃいます。
解決ポイントの一つに「チーム型施工」があります。この「チーム型施工」を実現するために、クラウド型の現場管理アプリをフル活用し、チームで情報共有をしながら現場管理をすることで3人チームで100棟を実現しました。

「一匹オオカミ型」現場監督はもう古い!業界の新常識「チーム型施工」とは

チーム型施工を運用することで、以下のようなメリットが得られます。


①スキルのある技術者を採用できないという課題の解決
専門的な業務だけを行う「上位者」と、段取りを主に行う若手を同じチームにし、上位者をその人しかできない業務に集中させることで解決が可能です。

②若手の早期戦力化
「一人前の現場監督になるまで3年かかる」と言われているのが住宅業界共通認識ですが、チーム制にして役割分担することで、部分的にでも大きな戦力になります。

③「休みが取りたくても、取れない…」という状況の打破
緊急対応があってもチームでフォローしあえるため、休日も取得しやすくなります。

本事例の詳細に加え、チーム型施工のハードルである「現場の全てを見るわけではないことによる不安の拡大」「チーム内の2番手に負担が集中」をどのように乗り越えたのかお伝えします。
ご興味がございましたら、ぜひお問い合わせください。