Download

ダウンロード資料


住宅不動産フォーラム2021リポート-業界の大転換期を捉える- Vol.5

住宅不動産フォーラム2021リポート-業界の大転換期を捉える- Vol.5

地域トップ企業が成長戦略を実現するための組織論

経営者が新規事業に集中しても
既存事業を成長させる体制づくりとは

地域でトップクラスの棟数を実現できた会社が、次の成長戦略として考えることに多拠点展開があります(直接出店・M&Aなど)。

しかし、「既存事業を任せられる幹部人財がいない」という壁にぶつかり、成長が止まってしまう会社も数多くあります。
この壁を乗り越えるには、社長が既存事業へのかかわり方を変える必要があります。

具体的には、
・エラーが発生しない限りは任せる
・エラーが発生したら介入する
・エラーを短時間で発見できる仕組みを作る
が必要です。

今回のレポートでは、これらに取り組まれた2つの会社の事例を通じて、TOPのかかわり方の変え方を理解いただけます。


特に、
・組織の階層毎に求める機能や権限移譲方法をどう変えていくか
・経営幹部や候補生の育成方法としてどのような活動を行うか
・幹部に任せるたけでなく、どこを仕組みづくりでカバーするか

については、個々の会社の特性を踏まえて考える必要があることが分かります。 
これらの活動は、一定の時間がかかりますので、成長を目指す会社様は、すぐにでも活動に着手いただければと思います。

レポート内容の一部を公開いたします!