Download

ダウンロード資料


プレイングマネージャーの『上手な部下の育て方』

プレイングマネージャーの『上手な部下の育て方』

連続5年間、成長率・全国No.1企業や、毎年成長率20%の企業が行っている 人材育成手法とは?

『若手社員・スピード育成で売上アップ』ノウハウ大公開!!

AI化、デジタル化が加速することで、業界内の仕事の仕方が大きく変化しています。

集客の中心は紙媒体からネット媒体に代替され、商品の「見せ方」「伝え方」も変わってきました。とはいえ、『住宅』という商材の特徴として、最終的な契約率は、営業マンの商談から契約に至る営業力に因るところが大きいままです。

昨今、転職市場が活性化しているとは言え、優秀な経験者の採用も難しく、採用難の中、何とか新卒や未経験の若手中途社員を採用しても、育てられずに離職されてしまう企業もお見受けします。

そのような状況下で、プレイングマネージャーは『売上達成』に加え『部下育成業務』といくら時間があっても、足りないくらいです。

何時までたっても、一人立ちできない社員に対して指導を行いながら、トップセールスだったマネージャーなどは、自分がもう一人いれば、時間があるのにと考える方もいらっしゃるようです。

しかしここ数年、新卒や住宅業界未経験の中途社員を採用、スピーディーに育成して、売上げを伸ばしている企業があります。

例えば、昨年システムを構築し、100棟の受注のなかで、20棟を新人が受注。今年度は仕組みがブラッシュアップされて、新人でも7か月で8棟受注したり、別のメンバーが単月で4棟の受注しています。

上記企業を筆頭とし、成果を上げている複数社のエッセンスをまとめてみました。

①自社の営業の勝ちパターンに基づいた、ベンチマークアクションの標準化
②マネージャーの指導時間を短縮し、部下を育成する教材と仕組み化
③営業の品質と数値を上げるために、社員同士が競い合うような組織文化構築

若手を育成するにしても、個人だけではなく、組織全体がお互いに高め合うような企業文化が構築されるノウハウもご紹介しておりますので、御覧ください。

本資料の内容につきまして、10月6日~11月5日の期間で実施されるセミナーで、未公開の資料や映像を交え、より詳しくご紹介させていただきます。ご興味がございましたら、ダウンロード資料に記載の問い合わせ先へご連絡下さい。