Download

ダウンロード資料


成長企業は”評価制度”で人心掌握する

成長企業は”評価制度”で人心掌握する

住宅不動産業界の評価制度のポイントは「○○評価基準の明確化」と「●●●と●●のバランス」

不透明な評価では不満続出!?
『評価』の仕組みで会社を変える!!

そろそろ「評価の仕方」変えませんか?

【よくある事業・組織の課題の例】
①不透明な賃金体系への社員からの不信・不満がたまっている
②一部の社員がテレワークを導入したが、管理が難しい
③組織が拡大する中で経営陣の目が届かなくなっている
④粗利率と営業歩合のバランスが悪く、労働分配率が上がり過ぎている
⑤新卒採用を始めたが、育成の文化が根付いておらず、成果が出せていない

これらの課題を解決するための意外な一手が
「評価制度の策定」でした。

【評価制度による課題解決事例】
・評価基準の透明性を上げることで、社員の離職リスクを低減した事例
・職種別の段階的能力評価により育成効果を上げ、全社業績が上がった事例
・制度上の工夫により、コロナ状況下でも新しい取り組みが
 次々と出てきてピンチをチャンスに変えた事例

近年、住宅不動産業界では「評価制度」への注目が高まっています。

購買層の減少や生産性の変化、働き手の価値観の変化により、
評価制度は単なる「賃金の基準」ではなく
「育成とマネジメントの軸」や「モチベーションの源泉」として
捉えられています。

上記の成功事例を中心に、
住宅不動産業界での評価制度の作り方をレポートとしてまとめました。

詳細は資料にてご覧くださいませ。