Download

ダウンロード資料


外構・エクステリアで稼ぐ工務店・ビルダーの新領域

外構・エクステリアで稼ぐ工務店・ビルダーの新領域

粗利率30%前後のエクステリア業界の全体像とは…?

新たな収益源となる『エクステリア事業の稼げる理由』大公開!!

外構・エクステリアと聞いて、どのような印象をお持ちでしょうか?
多くの住宅会社にとって、外構・エクステリアは外注に任せておくもの。値引き交渉の際の材料といった印象でしょう。

しかし、住宅業界・エクステリア業界双方の特徴をよく知ると、外構・エクステリア事業は収益化の可能性を秘めています。

外構・エクステリア市場規模は、約5,500億円と見込まれています。出荷推移は、年々増加しており、10年前と比較して約1.9倍に市場規模は拡大しています。

リフォームやアフター需要が拡大している事と併せて考えると、今後も成長が予想されます。

一方で、消費者にとって外構・エクステリアという名称はなじみが薄いものでもあります。多くの消費者は新築時には、建物ばかりを考え、外構・エクステリアへの関心は高くありません。
また、住宅会社に関しても、自社にエクステリア部門を持ってでもいない限りは値引きの対象や外注に任せておくものと考えることが多い状況です。

しかし、実際にはお住まいになるとお庭への不満や要望が出る傾向があります。ここで消費者の外構・エクステリアに関する関心は高まるのですが、ただ、新築時に着工した住宅会社にはエクステリア部門がないことが多いため、対応できない事がほとんどです。結果多くの消費者は、外構・エクステリアの専門業者へと流出してしまいます。

もし、外構・エクステリア事業を持つことが出来ていれば…
自社の顧客に対してはもちろん、他社の顧客までもを取り込み、新たな収益源とすることが出来ます。

そのためには、既存プレイヤーの特徴を知り、競合に対しての対策方針を理解する必要があります。

本レポートでは、外構・エクステリア事業が稼げる理由はもちろん、既存プレイヤーの特徴と対策方針についてもまとめております。

ぜひ、住宅市場が縮小している今だからこそ、新たな収益源の可能性を秘めたエクステリア事業について御覧ください。