Download

ダウンロード資料


民法改正対策!施工ミスゼロの実現テクニックレポート

民法改正対策!施工ミスゼロの実現テクニックレポート

「瑕疵担保責任」は全て「契約不適合」に。そのリスクを全解説

迫る!120年ぶりの民法改正!準備はできていますか?

・引き渡し後に小さな不具合クレームが来ることが多い
着工日・引き渡し日がずれることが多い
「ご希望があればいつでも変更できます」と営業が伝えてしまっている
こういったことが当てはまる住宅会社様は多いのではないでしょうか?

そのような企業様は、2020年4月の民法改正で大きなリスクを抱えるでしょう。

民法改正で、「瑕疵担保責任」から「契約不適合責任」に変わることにより、従来であれば、
建設中のミスがあれば会社の責任で該当箇所の補修を行えていたものが、民法改正後は、
契約不適合となり減額や損害賠償請求、物件の建替の要求の権利が発生するのです。

こうした変化から、以下のような対策が必要となっています。
① 契約内容は厳格に結ばなければならない
(調印後に、安易に図面や仕様変更ができない)
② 工期遅れは許されず、“手待ち”“手戻り”をなくさなければならない
③ 一方で、品質アップが求められ、品質担保には今まで以上の時間を
かけざるを得ない

本レポートでは、既に準備を進めている先進企業の取り組み事例をまとめました。
下記に、その一部をご紹介します。


ポイント1 「何でも自由にできます!」は今後はNGワードに!
契約後に変更にならないお客様との打ち合わせの実施

ポイント2 着工までに図面がそろっていない会社は危険!
着工の3週間前までに図面をそろえよ! 

ポイント3 施工ミスを8割防ぐ
業者教育と現場監督の教育法

まだ対策ができていないという住宅会社様は必読です。
ぜひ、お問い合わせください。