Download

ダウンロード資料


現場訪問ゼロ化テクニックレポート

現場訪問ゼロ化テクニックレポート

現場監督にはもう、作業着はいりません。

ダメ、ゼッタイ。無意味な現場訪問。

現場監督が何度も建築現場に足を運ぶ理由は様々なものがあるかと思います。

①写真で管理してなるべく現場に行かないように言われたが、
正直写真だけではわからない部分が多い。
図面でわからない部分があり業者から問い合わせが来ているため、
検査のついでに、その現場にも足を運ぼう。
③現場管理システムが導入されることになりそうだが、
実際使い方がよくわからない。業者の人も手間だと言っているし、
現場を回ったほうが楽。
④部材がまだ届いていないなど、前段取りが悪いせいで、
急に現場に行かなくてはならないことが起きる。

このような状況ですと、現場訪問の回数も増えますし、工期も伸びます。
しかし、それを工務部だけで解決しようとしていませんか?
当然ですが、営業・設計・コーディネートでの工程が
現場監督の段取りに大きく影響を及ぼします。
そのため、解決している会社は全社で改善に取り組んでいるのです。

今回は、現場訪問回数が40回から15回に激減し、1人当たり管理棟数が
15棟から20棟に伸びた高生産性実現テクニックをご紹介します。

ポイント①
クラウド化が必須の時代!IT活用による現場訪問削減テクニック

ポイント②
9割の企業が失敗する…現場管理クラウドのトリセツ

ポイント③
成功企業はここが違う!システム活用の裏で行った業務改善

ポイント④
40回から15回に現場訪問を減らした、成功秘話