Download

ダウンロード資料


入社1年で売上1億円稼がせる早期戦力化の秘訣

入社1年で売上1億円稼がせる早期戦力化の秘訣

今どき社員の早期戦力化の秘訣は?

”目で見て盗め”では育たない!育成に必要なのは”育つ仕組み”

「中堅は揃っているが契約棟数が頭打ちの状態が続いている」
「新人を採用しても戦力化する前に辞めてしまう」

最近、住宅会社の経営者様からこんな声を聴くことが多くなりました。
「目で見て盗め」という言葉に表れているように、
かつては、現場での経験の中で学び・成長していくことが育成の基本であり、
売れる営業だけが会社に残ってくれればそれでいい、
辞めても新しい人はすぐに採用できる、という時代でした。
ですが、人口の減少、働き方の多様化、求人倍率の上昇などを背景に、
採用した新人をいかに効率よく戦力化させていくのかは、
多くの企業様にとって重要なテーマとなってきています。

そんな企業様に参考にしていただくべく、本レポートでは、
今どきの新人の早期戦力化の4つのポイントをご紹介したいと思います。

①誰でも次アポに繋げる顧客の熱上げの仕方
 ~若手の最大の課題はクロージングにある!?~

②追客をデジタル化し、ロボットに任せる仕組みづくり
 ~若手は細かいフォローが苦手!?~

③若手が楽しみながらスマホで営業を学ぶ手法
 ~経験と勘では全然伝わらない!?~

④主体性の発揮を促す評価で活性化を実現
 ~数字以外も評価してほしい!?~