Download

ダウンロード資料


「市場縮小」×「寡占化」における戦略オプション

「市場縮小」×「寡占化」における戦略オプション

時代の変化を表す「4つのキーワード」と地域ビルダーの「4つの戦略オプション」

市場縮小が進み、エリア1強体制が構築されつつある住宅業界において取るべき4つの戦略オプションについてお伝えします。

まず、我々が捉えなければならないのが、今後の市場規模の変化です。

様々な研究機関が今後の市場規模を予測していますが、ある研究機関では、現在の85万戸から2030年には新設住宅着工戸数が55万戸まで大幅に減少すると予測されています。様々な優遇施策などを勘案すると、あまりにも悲観的な値ではないかと感じられた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、お客様や社員の将来を預かる経営者である以上、将来を悲観的にとらえ、起こりうるリスクに対して先手を打つことが強く求められています。

本レポートでは、時代の変化を表すキーワードをもとに、今後取るべき以下の4つの戦略オプションについて詳細に解説します。

  1. 全国展開orグローバルメーカー
  2. エリアハウスメーカー
  3. ストック循環ビルダー
  4. ブランドメーカー