Download

ダウンロード資料


成長企業のための現場の生産性向上

成長企業のための現場の生産性向上

成長を加速する企業の組織と成長によって崩壊する組織

働き方改革が求められる中、成長企業では、業績拡大と生産性向上の両立が必要です。
現場で即実践できる生産性向上のポイントを紹介します。

働き方改革が求められる中、成長企業では、業績拡大と生産性向上の両立が必要とされています。

しかし一般的には、企業が成長していく過程で、「最近クレームが多い」「決まったことがやれていない」「部門間でぎくしゃくしている」ということが起こります。
そこに良い手を打てずにいると、設計や工務の労働時間が延び、3~5年目のこれからという社員が辞め、若手が育たない、という負のスパイラルに入っていきます。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?
それは経験に頼って、共通のルールが存在しないことが原因です。

この負のスパイラルを回避し、ルールづくりで生産性を高めることに成功した企業が、設立10年で100棟という成長企業のD社です。

生産性向上のポイントとしては、

  • 業務の引継ぎルールを明確にすること
  • 個々の業務のQCDを明確にすること
  • 役割分担を明確にすること

などがあります。

本レポートでは、成功企業事例に基づいて、現場で即実践できる生産性向上ノウハウを解説します。